藤木友禅型製作所
 
ごあいさつ
弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。
藤木友禅型製作所は友禅染発祥の地である京都で、友禅型の製作所として大正14年に創業いたしました。時代の変化とともにシルクスクリーン製版専業メーカーに変わりましたが、創業当時から一貫して培ってきた職人の技術と精神は、時を経た現在も最新の設備の中で受け継がれています。
私たち藤木友禅型製作所は、新しい変革の時代に向け、先進技術を導入しつつも伝統に培われた職人の技術と精神を守り、お客様、取引先様、地域社会に更に必要とされる企業を目指して努力してまいります。今後とも、皆様からのご支援・ご指導を賜りますよう心からお願い申し上げます。
会社概要
当社では、従来フィルムに手作業で分版トレースしていた作業を、業界に先駆けてデジタルデータとして製作する技術革新を行い、捺染型を製版する前にバーチャルで仕上がりの状態が確認できるシステムを開発。デジタルデータをフィルムレスで直接スクリーン版に出力するダイレクト製版を行っています。既に全体90%以上がフィルム製版からフィルムレスダイレクト製版に切り替わっていますが、これまで積み上げてきた捺染型製造技術・知識をベースに職人自らIT機器を駆使することにより、高品質を保ちつつも大幅な納期短縮・コストダウンに成功しています。

1996年にはデジタルトレースに特化した部門、クリック事業部を設立。 スクリーン捺染型のトレース以外にもHP製作等、ITを駆使したデザイン全般を手掛けています。 また、2002年に「捺染型製造工程管理システム」を構築、各工程に工程管理端末を設置し、受注から納品までの進捗状況を1柄ごとに全て管理しており、納期管理の徹底をめざしています。


社名 株式会社 藤木友禅型製作所
代表者名 藤木 道雄
事業内容 スクリーン捺染型製造
創業 1925(大正14)年
資本金 4,860万円
所在地 京都府京都市右京区西院久保田町11番地
TEL (075)312-2020
FAX (075)314-1681
沿革
1903年
(明治36年)
7月26日  創業者 藤木吉松 愛宕郡岩倉村大字岩倉木野村(左京区岩倉木野町)に生まれる。
1925年
(大正14年)
南区大石橋で創業。主に切型を製造。
1955年
(昭和30年)
株式会社藤木友禅型製作所設立。技術革新に伴ない切型がら写真型へ移行。
同年 右京区春日通万寿寺通矢掛町に本社工場設立。
1962年
(昭和47年)
本社屋新築に伴ない右京区西院久保田町に本社移転。
1996年
(平成 8年)
クリック事業部設立。
2017年
(平成 29年)
Sui事業部設立。